女性の抜け毛をその道のエキスパートが教えます!

女性の抜け毛と脱毛の種類そして原因

女性も年齢を重ねるごとに髪の毛が減ってきたと感じます。

 

特にブローをしてもボリュームがでない。時間がたつとペタッとなる。

 

常にパーマをかけていなければいけない。分け目の地肌が目立つ、などのいわゆる薄毛を体験することになります。

 

これは現実問題です。

 

女性の抜け毛の原因

 

個人差はありますが一般的には40代から女性ホルモンが減少していきます。

 

それとともに髪の毛も細くなり、ハリコシ艶を失います。

 

女性の髪の毛は女性ホルモンと密接に関係しており、特にその中のエストロゲンが減ってしまうことで抜け毛や薄毛を発症してしまいます。

 

またそれらの症状が不安となりやがてストレスの原因になり、余計に頭皮に悪影響を与えてしまいます。特に最近では若い人も抜け毛が激しいという方が多いので気をつけたいですね。
若い人の抜け毛対策にはこちらのサイトが参考になります。20代女性のための育毛剤選び

 

今回は女性の発症しやすい抜け毛や脱毛症の種類についてご紹介します。

 

抜け毛がひどくなると脱毛症になる!その種類と原因

 

びまん性脱毛症

 

女性に一番多い薄毛の症状です。

 

女性ホルモンであるエストロゲンが極端に減ることで頭部全体がうすくなりスカスカな状態になります。

 

その兆候として髪痩せやボリュームダウン、などがあります。

 

また女性に多い過剰な食事制限を伴うダイエットやストレスが原因で発症することもあります。

 

女性性男性型脱毛症FAGA

 

女性性男性型脱毛症は女性も男性の脱毛症のような症状に発症することがあります。

 

その原因は女性ホルモンの低下。

 

それによって女性の持つ少ない男性ホルモンとの優位差がなくなり男性ホルモンの影響を受けて女性も男性のような症状を発症します。

 

局所的な生え際や頭頂部といった部分の薄毛が目立つようになります。

 

ただしこの症状はすごく稀で女性の持つ男性ホルモンに遺伝的にAGAの遺伝子がないと発症しません。

 

分娩後脱毛症

 

妊娠中は人生の中でも最も多くの女性ホルモンが体の中で分泌します。

 

しかし出産と同時にその女性ホルモンが一気に放出され減少します。

 

その反動で髪の毛が抜けてしまいます。

 

個人差がありますが、産後の抜け毛を経験する女性は5割以上いるとされており、だれもが一度は経験があるものです。

 

でも1年程度では自然に女性ホルモンも正常なくらい分泌し抜け毛も収まり回復していくことがほとんどです。

 

牽引製脱毛症

 

毎日きつく結わくことで引っ張られた髪の根元がダメージし抜けてしまう症状を牽引性脱毛症と呼びます。

 

フィギアスケート選手や新体操選手など髪の毛をしっかり結わく人のオデコって広く見えませんか?

 

それも牽引性脱毛症の一つだと言われています。

 

ただしこの牽引性脱毛症も結わくことをやめて放っておけば自然に治るものとされています。

 

 

脂漏性脱毛症

 

 

最近ではヘアアレンジでエクステンションも当たり前になってきましたが、エクステを多くつける女性に多いのが脂漏性脱毛症です。

 

問題はエクステをつけた個所がしっかり洗えず脂漏性皮膚炎になり脱毛してしまうことが原因です。

 

また普段からシャンプーが適当であったり、男性ホルモンが強い女性にも発症しやすいです。

 

もちろんエクステは牽引性脱毛症のリスクもあります。

 

ひこう性脱毛症

 

乾燥性のフケが大量に発生し毛穴につまることで発症する脱毛症です。

 

ホルモンバランスが原因とされていますがホルモンバランスは精神的なストレスによって崩すことが多いのでストレスには注意したほうが良いでしょう。

 

まとめ

 

これらの脱毛症は個人差があります。生活環境や生活習慣などに左右されまた体質によっても変わってきます。

 

ただし脱毛症の可能性が非常に高いのがびまん性脱毛症。加齢による女性ホルモンの低下は皆同じなのでこのことには気を付けて頭皮ケアをお勧めします。